ダイエット中の間食にプリンは太るの?カロリーは?コンビニのおすすめランキングも

糖質ダイエット中に無性に食べたくなるスイーツ。

その中でも人気のプリンはダイエット中に間食として食べると太るのでしょうか?

朝プリンダイエットや夜プリンダイエット、プリンだけダイエットなんてものも聞いたりしますが、実際にやった人はほんとに痩せることができてるんでしょうか?

プリンのカロリーや糖質、市販のコンビニプリンのダイエットおすすめランキングを紹介します。

ダイエットに最適ないろんな種類のプリンの作り方も調べてみました。

ダイエット中の間食にプリンは太る?太らない?

以前は、間食=太る と言われていましたが、現在では間食をとることで脂肪がつくことを抑制しやすくなることがわかっています。

とはいえ、やはりダイエットなので、糖質が多いものや低糖質のものでも量を多くとってしまえば当然太ります。

そんな時に強い味方になるのがプリン。

1個あたりのカロリーや糖質が丁度いいものが多いので間食にはもってこいなんです。

プリンの原料は主に3つ。

  • 牛乳
  • 砂糖

気になるのは糖質量ですが、1日の標準摂取カロリーの1割程度までなら太らないと言われています。

  • 成人男性の1日の標準摂取カロリー = 2000~2400kcal
  • 成人女性の1日の標準摂取カロリー = 1400~2000kcal

となっていますので、

間食で1日にとっていいカロリーは大体200kcalくらいということになりますね。

  • 成人男性=200~240kcal
  • 成人女性=140~200kcal

では、市販のプリンのカロリーや糖質量を見てみましょう。

市販のプリンのカロリーや糖質量は?

市販のプリンのカロリーや糖質量は以下の通りです。

コンビニのスイーツのなかでもシュークリームとプリンは人気商品なので次々と新商品が登場しています。
なので全ては紹介できませんが、よく見かけるものを挙げてみました。

メーカー 商品名 容量/1個 総カロリー 糖質量
グリコ Bigプッチンプリン 160g 223kcal 27.9g
グリコ プッチンプリン 67g 94kcal 12.1g
森永 森永の焼きプリン 140g 185kcal 24.9g
森永 森永牛乳プリン 85g 82kcal 11.5g
森永 おいしい低糖質プリン カスタード 75g 64kcal 3.3g
ファミリーマート 窯出しとろけるプリン 約110g 209kcal 20.4g
ファミリーマート RIZAPコク旨カスタードプリン 84g 116kcal 9.0g
ファミリーマート たっぷり食べたいプリン 465g 507kcal 79.3g
セブンイレブン カスタードプリン 不明 249kcal 32.2g
セブンイレブン きみだけのプリン 95g 139kcal 17.3g
ローソン プーアワワ 泡からメルプリン 約120g 196kcal 30.4g

ファミマの「たっぷり食べたいプリン」だけは、さすがに巨大なだけあってカロリーオーバー。

ただ他のプリンはほぼ共用範囲のカロリーですね。

ただ、糖質がちょっと多いのでダイエット中であれば小さい容器のプリンを選んだほうが良さそうです。

ダイエット中におすすめのコンビニプリンランキング

ダイエット中におすすめのコンビニプリンのランキングベスト3です。

第1位 森永 おいしい低糖質プリン カスタード 内容量75g 総カロリー64kcal 糖質3.4g

カラメルを含めてこの糖質量は驚異的です。
手作りしてもこのくらいの糖質量が限界ではないでしょうか。

特定のコンビニ専売ではないですが、コンビニでも取り扱っています。

「カスタード」「チーズケーキ」「キャラメル(期間限定)」の3種類の味が選べます。

「チーズケーキ」は糖質2.9gとさらに低糖質になっています。

10個入りならネットからも購入可能です。

第2位 ファミマ RIZAPコク旨カスタードプリン 内容量84g 総カロリー116kcal 糖質9.0g

他にも「至福のクリームプリン」があり、こちらは糖質が9.6gとちょっとだけ高めになっています。

第2位 森永 牛乳プリン 内容量85g 総カロリー82kcal 糖質11.5g

こちらはコンビニ専売品ではないので、10個単位でネットでも購入可能です。

糖質は2位のRIZAPプリンより高いですが、カロリーはこちらのほうが低いのでこちらを選んでもいいかもしれません。

朝プリンダイエットや夜プリンダイエットはダイエット効果あるの?

高カロリーと言われるプリンでダイエットなんて・・・、と考えるかもしれませんが、実際にプリンを上手に使って痩せたという人は意外といるようです。

プリンの原料は主に卵と牛乳。

卵は完全栄養食と言われるくらいバランスの良い食品で、朝食の代わりや夕食の代わりに置き換えてやれば、多少糖質が高めでも白米やパンに加えておかずを食べることと比べるとダイエット効果が期待できます。

  • 白米1杯:269kcal
  • 食パン1枚:158kcal

ただ、食パン1枚のカロリーと比較すると、商品によってはプリンのほうがカロリーが高くなってしまうし、糖質量も遥かに高くなるので、朝食をプリンに置き換えてもダイエットは成功しないんじゃないかと思います。

とはいえ、夕食をプリン1個にするなんていうのも非常に辛い。
そんな事できる人なら、プリンを食べなくても痩せれそうですよね。

やはりプリンを食べてダイエットというのであれば、夕食のドカ食いを防ぐために間食として取り入れるのが最も効果的なんじゃないでしょうか。

ダイエット中にプリンをたくさん食べたいなら手作りが一番!

市販のものでも糖質量の少ないダイエット向きのプリンがありましたが、自分で手作りするのが一番です。

ダイエットなら手作りすれば超低糖質プリンが可能

ラカントなどの糖質ゼロの甘味料を使えば、他の材料である卵や牛乳には少ししか糖質は含まれていないので、超低糖質のプリンが出来上がります。

低糖質なダイエットプリンの作り方

ダイエットに最適な超低糖質プリンの作り方は簡単。
普段料理をしない私でも簡単にできました。

超低糖質なプリンの作り方をご紹介します。

超低糖質プリンレシピ(市販プリン約2個分)

1.ボールに全卵1個、牛乳150ml、ラカント大さじ1を入れてかき混ぜる。

2.カップに移す。

3.カップにアルミホイルをかぶせる

4.フライパンに1センチくらいお湯を張って沸騰させる。
  ※お湯が多いとスが立ちやすい

5.フライパンにカップを入れて、火加減をお湯がギリギリ沸騰しないくらいに弱める。

6.フライパンにフタをして10分放置。火を止めてさらに5分そのまま放置。
  ※予熱で仕上げることでなめらかな舌触りに仕上がる

7.アルミホイルを空けカップを傾けても流れない程度に固まっているのを確認する。
  ※流れる場合は再度加熱する。

8.フライパンから取り出してフライパンに水を張り、カップを戻して荒熱をとって冷蔵庫で冷やす。
  ※水で冷やさないと固くなる

プリンのカラメルの作り方

電子レンジを使ってプリンのカラメルを作ります。

1.マグカップにオリゴ糖を大さじ1、水を小さじ2入れる。

2.電子レンジ600Wで2分かける。

3.すぐに取り出しお湯を大さじ1加える。
  ※跳ねるので注意。必ずお湯で。水だと飴状に固まってしまう。

豆乳プリンダイエットとレシピ

上のレシピでは牛乳を使っていますが、牛乳を豆乳に置き換えればさらに糖質を1/5くらいに抑えることができます。

レシピは牛乳のときと全く同じで大丈夫です。

  カロリー 糖質
牛乳(100g) 61kcal 4.7g
豆乳(100g) 44kcal 1g

豆乳プリンのカロリーや糖質量は?

豆乳プリンを同じ分量で作ると100gのプリンが2個できます。
豆乳で作ると1個あたり糖質0.75gですね。
ちなみに牛乳で作ると糖質約3.5gです。

糖質3.5gでも市販のプリンよりかなり低いので、豆乳プリンはダイエットに最適ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました