ダイエットに痩せる脂肪燃焼スープが効果あり!ジャーで作る簡単人気レシピ3選!

ダイエットとなると一番気を使うのが食事ですよね。

ダイエットの食事には何かと制限が多いので、ワンパターンになりがちで挫折の原因にもなりやすいんです。

そんなダイエットメニューの中で手軽で種類の多いスープはダイエッターの強い味方になります。

ダイエットに野菜スープがいい理由

ダイエットにとても相性がいいスープ。

理由は炭水化物や糖質を抑えても美味しく食べられる味付けができるから。

野菜は煮込むことで甘みが出るし、いろいろな野菜やきのこ類と煮込めば旨味が絡み合って深い味わいになります。

加えて、ローカロリーなスープならではの食べ放題ができるので、お腹が空きすぎて耐えられないといったストレスがないのが嬉しいところ。

トマト風味にしたり、カレー風味にしたり、唐辛子を入れてエスニック風にしたりと、色々なアレンジが出来るうえ、自分のダイエットの進行状況に合わせてお肉や卵等のタンパク質を加えたりすれば、さらに味に深みが出て飽きずに続けられます。

ダイエットスープに使うといい食材

野菜類

野菜ならほとんど何でも良いですが、イモ類だけは控えましょう。炭水化物の塊なので。

  • キャベツ :ビタミンU(キャベジン)、ビタミンC、ビタミンK、カルシウムなどが含まれる。天然の胃腸薬などとも呼ばれ、胃腸薬の名前にもなってますし、とんかつの添え物として定番です。
  • 人参  :ビタミンA(βカロテン)、カリウム、食物繊維などがふくまれる。皮膚や粘膜を正常に保って、肌や爪、髪などを正常に保つ効果があります。便秘解消効果もあります。
  • 玉ねぎ :硫化アリル、ケルセチン、カリウムなどが含まれる。血液をサラサラにしたり、
    血液中に含まれる余分な糖や脂質を減らす働きがあります。
  • トマト :ビタミンA(βカロテン)、リコピンなどが含まれる。活性酸素をへらし抗発ガン作用や免疫賦活作用があります。他にも「13-oxo-ODA」というリノール酸が含まれていることが2012年に発見されました。脂肪を燃焼させる遺伝子を増やすタンパク質が肝臓で生成されるそうです。
  • ブロッコリー :ビタミンA(βカロテン)、ビタミンC、カリウム、クロム、亜鉛、葉酸、タンパク質、ポリフェノール、食物繊維などが含まれる。免疫力向上、抗がん作用、抗酸化作用、活性酸素を減らす効果があります。
  • セロリ :カリウム、ビタミンB6、ビタミンU(キャベジン)、食物繊維などが含まれる。塩分を排出して高血圧を抑制する効果や胃の粘膜を整える働きがあります。
  • ほうれん草 :鉄分、ビタミンA(βカロテン)、ビタミンC、カリウム、マンガン、シュウ酸などが含まれる。貧血予防や、皮膚や粘膜を正常に保って肌や爪、髪などを正常に保つ効果があります。
  • もやし :たんぱく質、ビタミンB群、アスパラギン酸、ビタミンC、カリウム、カルシウムなどを含む。肌代謝を促進したり、疲労回復、肝機能向上などの効果があります。
  • おくら :ビタミンA(βカロテン)、食物繊維、カリウムなどが含まれます。皮膚や粘膜を正常に保って、肌や爪、髪などを正常に保ち、塩分を排出して高血圧を抑制する効果や胃の粘膜を整える働きや骨を丈夫にする効果があります。
  • 大根 :アミラーゼ(ジアスターゼ )、オキシターゼ、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンK、葉酸、カルシウム、食物繊維などが含まれる。高血圧予防、消化促進、胃もたれ・心筋梗塞・脳梗塞・動脈硬化などを予防する効果があります。

きのこ類

  • マッシュルーム :カリウム、ナイアシン、パントテン酸、食物繊維、銅などを含む。糖や脂質から効率よくエネルギーを取り出す効果や疲労回復、集中力の維持などの効果があります。
  • えのき :ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンD、ナイアシン、食物繊維などを含む。がんや認知症、骨粗しょう症の予防、腸内環境を改善して美肌効果もあります。
  • まいたけ :ビタミンB2、トレハロース、チロシナーゼ阻害物質などを含む。美白効果や肌荒れ予防・改善や、メラニン色素の発生を抑えてシミを防ぐ効果があります。

タンパク質類

野菜だけでは不足してしまうタンパク質を取ることが出来ます。

鶏肉や豚肉は一度フライパンなどで炒めてから入れると香ばしさも出て美味しいですよ。

  • ソーセージ
  • 肉団子
  • 鶏肉
  • 豚肉

話題の痩せる脂肪燃焼スープダイエットの効果とやり方・レシピ

「一週間脂肪燃焼スープダイエット」というダイエット法が以前流行ったので紹介しておきます。

ただ、このダイエット法は見ても分かる通り結構制約が多いのでストレスがたまるかも。

そもそもスープはお腹いっぱい食べても非常にローカロリーなので、無理してこの方法でやる必要はないかもしれません。

一週間(7日間)脂肪燃焼スープダイエットの目的と効果

この脂肪燃焼スープダイエットは1週間という短期間で急激に脂肪を燃焼させて痩せるためのダイエットです。

もともとは心臓外科手術をする際に、脂肪を安全かつ急速に落とす必要がある患者に用いられる減量法なんだそうです。

そのため、7日間という短期間で急激に脂肪を落とすにもかかわらず、健康的なダイエットが可能な方法です。

簡単な調理法でできる野菜を中心としたスープで、なおかつまとめて作っておいていつでも食べていいので、空腹のストレスを最小限に抑えてダイエットできます。

脂肪燃焼スープダイエットのやり方

まずこのダイエットには制限事項が多いので、そちらから。

野菜スープは食べれば食べるほど痩せると言われているので、好きなだけ食べて良いのが嬉しいですね。

「1週間脂肪燃焼スープダイエット」は安全に痩せられるダイエット方法なので、目標体重になるまで繰り返し行っても大丈夫です。

禁止事項:

  • お酒は飲んではいけません。アルコールが脂肪の燃焼・排出を阻害します。アルコール摂取後24時間位たってから始めたほうが効果が出やすい。
  • 飲み物はお水、お茶、ブラックコーヒー、100%果汁のジュースのいずれかのみ。
  • 甘味料は一切ダメ。ゼロカロリー飲料も駄目です。
  • 揚げ物やお米、パンなどの炭水化物も駄目。

やり方:

1日目
スープと果物のみ
果物は食べていいがバナナは駄目。飲み物は水か100%果汁ジュースのみ。
2日目
スープと野菜のみ
果物は全てダメ。野菜は良いが豆やスイートコーンはダメ。豆乳もダメ。
3日目
スープと果物と野菜のみ
1日目と2日目に食べてよかったものは全て好きなだけ食べて良い。
4日目
スープとバナナのみ
バナナ3本まで。スキムミルク(無脂肪乳)500mlとできるだけ多く水分をとる。
タンパク質、炭水化物、カルシウムの補給になります。
5日目
スープと肉・魚のみ
赤身の牛肉か鶏肉、煮魚を350g~700g食べます。必ずトマトを食べる(最大6個まで)。
6日目
スープと野菜と牛肉のみ
肉は牛肉のみならいくらでも可。
7日目
スープと玄米とフルーツと野菜のみ
玄米もフルーツも野菜もいくら食べてもオーケー。フルーツは100%果汁ジュースでも可。

4日目からタンパク質を摂り始めるのには理由があります。

3日目までで糖質が圧倒的に不足してきて、脂肪の分解とともに筋肉の分解も始まってしまいます。

脂肪は燃焼させつつ筋肉の分解を防ぐためにタンパク質を摂取しているんです。

脂肪燃焼スープダイエットのレシピ

この「7日間脂肪燃焼スープダイエット」専用のレシピです。特に材料は上で書いた”ダイエットスープに使うといい食材”とは違うので注意。

材料:

  • 玉ねぎ(大) 3個
  • ピーマン 1個
  • セロリ(太) 1本
  • キャベツ 半玉
  • ホールトマト 1缶
  • チキンスープの素 1個

作り方:

  1. 野菜を大きめに切り、チキンスープの素とホールトマトを大きめの鍋に入れて、野菜が十分浸るくらいのお水を入れて、野菜が柔らかくなるまで十分煮る。
  2. 塩、コショウなどで味を調えます。キムチソースやカレーパウダーなどを使ってアレンジすると飽きずに食べられます。

ジャーを使えばダイエットスープが簡単に作れる

ジャーを使うと言っても炊飯器じゃありません。笑

スープジャーというお弁当用のものです。

サーモス 真空断熱スープジャー 300ml JBU-300posted with カエレバ楽天市場AmazonYahooショッピング

鍋で作ったスープを保温のために使うのはもちろん、調理にも使えちゃいます。

野菜などの具材を小さく切って入れ、熱湯を注いで2分ほど待ってお湯を捨てます。

ダイエットに人気のスープレシピ3選

鶏団子と春雨の豆乳スープ 参考:サーモスHPレシピ

材料:

  • 鶏ひき肉45g
  • しょうが8g
  • ネギ8g
  • 卵1/8個
  • 塩0.5g
  • 春雨20g
  • 小松菜30g
  • 豆乳125ml
  • 水125ml
  • 酒大さじ1
  • しょうゆ小さじ1/2
  • 帆立だし(中華だしでも可)5g
  • クコの実5粒
  • ゴマ適量
  1. 鶏ひき肉にしょうが、ネギのみじん切り、卵、塩を加えてよく練り合わせて小さめの団子を3個作る。
  2. 小松菜は3cmくらいのざく切りにする。茎が太い場合は5mm幅ほどにカットしておく。
  3. スープジャーに、小松菜、春雨、鶏団子を入れ、沸とうしたお湯を注ぎ、フタをせずに、3分ほど予熱する。
  4. そのあいだに、小鍋に豆乳、水、帆立だし(中華だしでも可)、酒、しょうゆを加えて、沸とうさせる。
  5. 湯を切ったスープジャーに、4の豆乳スープを入れ、クコの実を加えて1時間30分以上保温する。

もち麦ともやしと卵のスープ

材料:

  • もち麦 大さじ2
  • もやし お好み
  • 卵 1個
  • キャベツ 1枚
  • 白だし 大さじ2
  • 醤油 小さじ1
  • 熱湯 200cc

作り方:

  • スープジャーにもち麦とかなり多めの熱湯を入れて蓋をして10分放置。
  • 小鍋かフライパンにもやしとキャベツを入れて白だしで煮る。
  • キャベツが柔らかくなったところで卵を入れて白だしと醤油で味付けをする。
  • ジャーに入れておいたもち麦をザルなどで湯切りする。
  • ジャーにもち麦を入れ、3で出来たスープをいっぱいまで入れて蓋をして2~3時間で完成。

豚バラともやしのごま味噌スープ

材料:

  • 豚バラ薄切り肉 50g
  • もやし 50g
  • すり白ごま 大さじ1
  • しょうゆ 小さじ1
  • 鶏ガラスープの素 小さじ1
  • 味噌 小さじ1/2
  • 砂糖 小さじ1 /2
  • 豆板醤 小さじ1/2
  • にんにく チューブ1cm
  • 粗挽き黒胡椒 適量
  • ラー油 おこのみで

作り方:

  1. 豚バラ肉ともやしをジャーに入れ、熱湯を注いで蓋をして2分放置。
  2. ジャーの湯を切った後、材料をすべて入れてから熱湯をいっぱいまで注ぎ1時間以上放置。

コメント

タイトルとURLをコピーしました